2016年8月15日月曜日

トレードステーションへの要望・その4(追記あり)

今日は暇にあかせて、バンバン行きまっせぇー。
さきほどはレーダースクリーン、今回は、ホットリスト。「ホット!ホット!」(藤井隆)
ホットリストウインドウについて
ホットリストウインドウは、特定の取引時間内での最も出来高が多い銘柄など、特定の基準を満たす上位の銘柄を表しています。TradeStation は、選択した取引所 (またはすべての取引所)と市場の一般的なアクティビティーリストに基づいてホットリストを提供します。多くのリストは上位 25 件を表示しますが、設定を変更して50件、75件、100件を表示することができます。

・ホットリストの表示項目の枠内表示位置について



(思考過程)
時価総額、前日比が左寄せだと見づらいと感じた。

→うんうん、こういうのは、設定いじればサクッと変更できるよね。

→はいはい、あったあった。右クリックメニュー、またはツールバーから、「選択された列の設定」で、右揃えに変更。

→よし、これで見やすくなった。(ホッと!)

一応確認しておこうと思い、一旦ウィンドウを閉じた後、ホットリストを再度表示すると、、、設定変更が反映されていない。(ギャー)

「ワークスペース」を名前をつけて保存すれば、該当ウィンドウの右揃え変更は保持されている。(ワークスペースを閉じて、開き直した)
ただし、そこから別の新規ホットリストを開くと、元の通り、揃っていない。

→変更がデフォルト保存されるように、ご検討よろしくお願いいたします。
(おそらく、デフォルトのテンプレートファイルがあって、それをいじればいいと思われる)

売買代金や前日比率%はデフォルトで右揃えなのに、なぜに時価総額と前日比は最初から左揃えなんだろう?というツッコミも入れつつ、つぎのネタ探しにまいります。

追記:テンプレートについて
レーダースクリーンはテンプレートで保存可能。(ただし表示される項目(テクニカル分析など)はテンプレート対象外)
ホットリストやチャート分析には、テンプレート保存はない。

0 件のコメント:

コメントを投稿