2016年10月25日火曜日

シンボルリンクとキーボード操作についての要望

今日は、こうしてもらえたら嬉しいなという要望です。

トレードステーションでは、シンボルリンクを設定しておけば(右上、緑色の「S」マーク)、銘柄コード欄を左クリックすると、チャート分析画面でも当該銘柄が連動して表示される。たくさんの銘柄のチャートを次々に表示、チェックするのに便利な機能。

SnapCrab_NoName_2016-10-25_7-24-8_No-00

ここで、レーダースクリーンとチャートを並べる。

ある銘柄をクリックする。
→シンボルリンク機能で、その銘柄のチャートが表示される。(そらそやな)

つぎに、下の銘柄に移動したいので、クリックじゃなくEnterキーを押してみる。
→レーダースクリーン上では、ひとつ下の銘柄にフォーカスが移動する。(そらそやな)

しかし、チャートは変わず前の銘柄のまま。(ん?クリックじゃないとあかんのん?)

SnapCrab_NoName_2016-10-25_7-24-30_No-00

さらに、Enterキーを押すともう一つ下の銘柄にフォーカスが移る。(そらそやな)
すると、チャートにはひとつ前の銘柄に変更される。(あれ?時間差攻撃かいっ!)

SnapCrab_NoName_2016-10-25_7-24-51_No-00

大量の銘柄をチェックする際には、マウスで一つずつ銘柄コードをクリックするのは手間がかかるのため、キーボード操作に頼ることになる。Enterキーを押せばフォーカスは次の銘柄に移るものの、チャートはワンテンポ遅れ時間差で変わるのは少し気持ち悪いので、できれば直していただけるとありがたいです。

ちなみに、これはレーダースクリーンだけでなく、スキャナー画面でも同じ。(スキャン結果をシンボルリンクでチャート表示させた時も)

0 件のコメント:

コメントを投稿