2016年10月3日月曜日

結果は、大口信用取引の手数料優遇条件の変更だった

トレードステーション口座の手数料体系が変更されると投稿した件、公式サイトに告知されていた。
■変更前
信用取引を行っているお客様で、1日に5,000万円以上の新規建てを行った場合、翌営業日の約定金額から信用取引に係る約定金額を差し引いた上で取引手数料を再計算し、再計算後の手数料との差額について キャッシュバックいたします。お客様の取引状況により、信用取引手数料が実質無料となります。
■変更後
信用取引を行っているお客様は、基準となる週に以下の条件のいずれかを満たす場合、その翌週第 2 営業日から翌々週の第 1 営業日までの売買手数料(現物/信用含む)を無料といたします。
・基準となる週の一営業日あたりの信用取引新規建て金額が 5,000 万円以上である
・基準となる週の一営業日あたりの信用建玉が 5,000 万円以上である
信用取引手数料一部変更のお知らせ|トレードステーション / マネックス証券 https://info.monex.co.jp/ts-info/news/20161003_1.html

 
事前に想像していた、少額投資家向けの手数料体系導入ではなかった。誤解させてしまい、失礼しましたm(_ _)m

変更点は、キャッシュバック(実質無料)から(実体)無料になったことで、週毎に判定が行われる。

まぁ、、、資金力を考えると5千万円なんて、とてもとても建てられないから、「あっしにゃ関わりのねぇこって」ですな。(そりゃそや、多くの人が簡単に達成できるような条件なら、証券会社は商売あがったりですやん。ツッコミ)

たしか、楽天証券、SBI証券の大口優遇条件も、5000万円が基準だったような気がする。