2016年10月1日土曜日

$MNK 中長期チャートを眺めてのメモ

前稿の日足チャートに続き、長めの週足、月足チャートも眺めてみる。(分析ツール:一目均衡表)

<週足メモ>

SnapCrab_NoName_2016-10-1_21-40-17_No-00

  • 2016年に入って、3役逆転、完全bearish mode突入
  • Brexit騒動で急落した分は時間経過で計算対象外になり、均衡表は9月に好転。
  • 9月初旬に一度抵抗帯に突入したものの、跳ね返された。
  • 現状は、先行スパン2も基準線も横ばいで、もみあい相場が続きそう。
  • 何らかの要因で18000円を超えることがあれば、景色は変わりそう。(為替か?)

 

<月足メモ>

SnapCrab_NoName_2016-10-1_21-33-40_No-00

  • 今年6月に、基準線>転換線。2011年5月以来の逆転
  • 基準線が下向きになるまでには、まだ1年程度の時間的余裕あり
  • このままの価格位置だと、12月に遅行スパン>価格。来年5月あたりに抵抗帯に突入。
  • 「安倍首相在任中のいわゆる『アベノミクス相場』の最高値は、2016年6月の20952.71円だった」と将来言われるようになるだろう。
    =短期では、戻らない。

 

以上。チャートを見たら、bullishにはなれんわなぁ…

2019年頃には、20000円になるかもね?(適当