2017年5月22日月曜日

マルチチャートの配色を変更する

トレードステーションのマルチチャートについて、デフォルトの配色は見づらく感じたので、カスタマイズした。

オリジナル
Snap_2017-5-22_No-02

変更後
Snap_2017-5-22_No-03

 

方法

マルチチャートはEasyLanguageで記述されているので、該当するEasyLanguageファイルを編集する。

・トレードステーション開発環境を立ち上げ、アプリケーションを開く。

オリジナル(MultiChart)は、今後バージョンアップする可能性もあるため変更せずに、個人カスタマイズ用として別名で保存し、編集する。(ファイル名は、MultiChart-Rなど適当な名前をつける)

Snap_2017-5-22_No-01

今回、変更したい箇所は、ローソク足の色、価格の色、移動平均線の色、3つ。

1)ローソク足の色

2586行、ローソク足のスタイルが定義されているので編集する。

2586: candlestickRendererObj.SetStyle(1.0,Color.Red,Color.blue,Color.Gray);

陽線:Red → そのまま

陰線:blue → DodgerBlue

髭:Gray → White

2)価格の色

2189行

2189:  clr = TSColors.GetLossColor(0);

GetLossColor(0) → elsystem.drawing.color.DodgerBlue

マイナス時は青で表示される。マルチチャート内部では定義されておらず、システム側でGetLossColorとして定義されているので、ひとまずはこうやるしかなさそう。

もし、プラス時の色を変える場合は、2192行の、clr = TSColors.GetProfitColor(0);を好みの色に変更すればよい。

3)移動平均線の色

2637行で短い時間軸、2641行で長い時間軸のスタイルが定義されている。

2637:  movingAverageLineRenderer1.SetStyle(1f,elsystem.drawing.Color.SeaGreen);

SeaGreen → Yellow

2641:  movingAverageLineRenderer2.SetStyle(1f,elsystem.drawing.Color.Purple);

Purple → Magenta

 

プログラムを変更後、検証(F3)し、エラーがないことを確認。

以上

(自己流改造のため何か不具合があるかもしれませんので、ご注意ください)

 

追記:ファイル編集をする際は、該当するマルチチャートを必ず閉じてから行うこと。立ち上げている最中に検証作業をするとフリーズしてしまいます。