2017年6月28日水曜日

新たにNYダウなどの指数表示が可能に

昨夜は平日にも関わらずメンテナンスが行われていたが、これによってサーバ情報がアップデートされ、次の8指数が表示できるようになった。

[指数名称, コード]

  • ダウ指数 $DJI
  • S&P500指数 $SPX.X
  • ナスダック指数 $COMPX
  • COMEX金(期近) @GC
  • WTI原油(期近) @CL
  • VIX指数 $VIX.X
  • CRB商品指数 $TRJCRB
  • CMEビットコイン指数 $BRTI

6/17から表示できるようになっていた3つの日経平均先物指数

  • 大阪先物(期近) @OSENK
  • シンガポール先物(期近)@SGXNK
  • CME先物(期近) @NIY

トレステの中の人がtwitterで配布告知されていたワークスペースを開いた時の、レーダスクリーン画面表示。(画像表示の不具合により、画像を差し替え済)


これまではマニアックな株価指数(例:アフリカTOP40)が表示できていたが、なぜか一番メジャーなNYダウ、NASDAQがなかったことが不思議だったので、このアップデートを喜ぶユーザは多いでしょう。
(ビットコイン指数まで表示できるとは、、、想定の一歩先を行っていた)

更新作業、お疲れ様でした。

祝!トレステフォーラム開設

先日来、待ち望んでいたトレードステーションの公式フォーラムが正式にオープンしました。

トレステ公式ユーザーズ・フォーラム、今月中に開設か? https://trade-station.blogspot.jp/2017/06/blog-post.html

トレステフォーラムを開設いたします! - トレードステーション サポートサイト https://info.monex.co.jp/ts-support-info/information/20170626_tsforum.html


フォーラムはトレステのユーザ向けなので、証券総合取引口座にログインしないと使えません。 中を覗いてみると、OKWaveのシステムが導入されている。(コストかけてますなぁ)
ひとことで言うと、質問を投稿すれば誰かが回答してくれる、Q&Aをやり取りするための掲示板。

面白いと感じたのは、

本フォーラムでは利用者の投稿に応じポイントを付与します。一定のポイントが貯まると、トレステ・マネックス証券のノベルティグッズをプレゼントいたします。※グッズの種類は選べません。

投稿数に応じてポイントが加算され、ノベルティグッズがもらえるという点。
どんなグッズなのでしょうね?ステーショナリーとかかな?もしかして松本大CEOのサイン色紙とか(んなアホな(笑))

フォーラムの開設によって、何かわからないことがあれば、気軽に問い合わせできますね。疑問点はユーザ共通で重なっていることも多いと思われるので、他のユーザと情報共有できるのは利用者にとってありがたく、またサポート側の中の人にとっても負担軽減につながればいいですね。

2017年6月25日日曜日

[要望]ステータスバーを非表示にしたい

トレステの中の人のtwitterのつぶやきから、Windows10への正式対応バージョンアップなどはすぐにでも提供されるんじゃないかという期待を抱いたものの、物事はなかなか予定通りに進まないもので、淡い期待が雲散霧消しつつある梅雨の真っ只中、気だるい日曜日の午後、みなさまいかがお過ごしですか。(長い前フリ)

今日は、要望シリーズということで(いつの間にシリーズ物に)、ひとつお願いしたいことがあります。取引機能とは全く関係のない部分での要望です。

トレステを表示させると、ウィンドウの一番下にステータスバーがあり、右下部には口座番号、信用建玉評価額、信用新規建可能額、信用評価損益のデータが表示されます。

Snap_2017-6-24_No-00

全体メニューの中には、[表示]-[ステータスバー]という項目が設けられており、おそらくこれはステータスバーの表示・非表示を切り替えるためにあるものと思われる。
(ただし、現在はグレイアウトで選択不可)

capture

ひと目で口座の状態がわかるステータスバーは、トレード中には非常にありがたい。しかし、デスクトップ全体をキャプチャ(動画や画像)した時に、そのままだと写り込んでしまうのが難点です。

ということで、個人的な要望で恐縮ですが、今あるこのメニュー項目を生かし、ステータスバーを切り替え表示可能にしていただきたいです。よろしくお願いします。(自分で見えないように工夫、加工すればいいやんという話もありますが、、、)

あくまでも優先順位は低く、将来的にこうなったら嬉しいなという要望です。

2017年6月23日金曜日

トレードステーションでプログラム売買をするための基礎知識

(昨年秋に投稿しようと思ったものの、下書きのまま忘れていたネタを掘り起こした)

トレードステーションを用いてプログラム売買(システムトレード)をするためには、プリインストールされたストラテジーを利用するか、自分でプログラムを書く必要がある。

プログラム売買は、EasyLanguageによって記述された内容に基づいて、トレードステーション内部のストラテジー・エンジン(Strategy Engine)が実行する。

自分が思い描くように売買させたい場合、ストラテジー・エンジンがどういう判断基準で動くのかを認識しておくことが大事だ。

そのエンジンの挙動については、マニュアルやヘルプを文字で読んでもすぐには理解しづらい。

「イントラバーオーダージェネレーション」「ルックインサイドバーバックテスティング」とカタカナで書かれた文字を見ても、最初は何が何やらわからない。([Intrabar Order Generation] 、[Look Inside Bar Backtesting]というふうに、英語表記になると少しわかりやすくなる)

そこで、(昨年)どこかに良い資料はないものかと探していたところ、非常に参考になる動画を見つけた。↓コレ

Understanding the TradeStation Strategy Engine
- YouTube https://www.youtube.com/watch?v=5YEdOozJM60

米国トレードステーション社の作った公式動画。
今から5年前に制作されたものだが、内容に関しては問題ない。

動画では、ストラテジー・エンジンの挙動がわかりやすく説明されている。

要旨
・ストラテジー取引とは
・過去データの検証とリアルタイム売買
・オーダーは何を基準に発注されるか
・イントラバー・オーダー・ジェネレーションとは
[Intrabar Order Generation]
・ルックインサイドバーバックテスティングとは
[Look Inside Bar Backtesting]
・オーダーの種類
[market, limit, stop]
・リバウンドティック(TM)増加率とは
[bouncing ticks]

これを見れば、なるほど、ポン♪(膝を打つ音)

2017年6月20日火曜日

新たな手数料無料キャンペーン開始さる

トレードステーションの手数料体系が改定されたのは5月22日。そこから約一ヶ月経過したところで、新たな手数料無料キャンペーンが開始された。

「スマホで取引」or「自動売買」で7月末まで手数料無料に|トレードステーション / マネックス証券 https://info.monex.co.jp/ts-info/campaign/20170619_01.html


キャンペーン期間: 2017年6月19日(月)~2017年6月30日(金)
キャンペーン内容: キャンペーン期間中にキャンペーン条件を満たしたお客様は、以下の期間の取引手数料が全額無料となります。
取引手数料無料期間:2017年7月5日(水)~2017年7月31日(月)
キャンペーン条件: キャンペーン期間中に、以下の方法で、1回以上お取引いただいたお客様
・トレードステーションのスマートフォン版「トレードステーション・モバイル」でのお取引
・自動売買でのお取引


条件は、スマホアプリを使った取引、または自動売買の取引を行うこと。

PC版からの注文とスマホアプリからの注文の違い、オーターバーからの注文とストラテジー売買注文の違いを、取引サーバ側で受信したデータを識別判定することができるんですね。へぇ、面白い。

せっかくのキャンペーンではありますが、現状、当方といたしましては、Windows10最新環境への正式対応、バージョンアップを首を長くして待つのみでございます。安心してトレステ・トレードできる環境構築まで、あと**日。

(マネックスグループ(8698)の株主ではないけれども、手数料改定で収益改善が見られたかどうか、来月はじめに発表されるマネックス証券の月次報告に密かに注目している)

2017年6月17日土曜日

アップデートは今週末ではなかった

トレステの中の人の直近のtwitterのつぶやき内容から、今週末のメンテナンスでWindows10正式対応などのアップデートがあるんじゃないかと期待していた。

システムメンテナンスのお知らせ

下記日程にて、システム改善のため臨時システムメンテナンスの実施を予定しております。
【2017年6月16日(金)19:00~2017年6月17日(土)12:00】
(作業終了時間につきましては前後する場合があります)

(これを書いているのが土曜日お昼過ぎ)メンテナンスが終了したようなので、早速ログインし、アップデートマネージャを立ち上げ確認したところ、アップデートはなかった。

残念。

追記:その後、twitterで流れていたやり取り。予定がずれ込んでいるようだ。


2017年6月12日月曜日

トレステ公式ユーザーズ・フォーラム、今月中に開設か?

広告宣伝効果のおかげか、トレードステーションのユーザ数が増え、twitterにおいてもトレステのつぶやきをする人が以前よりも増えてきた。

昨日も以下のようなやりとりを発見。

公式のユーザーズ・フォーラム(名称不明)が今月中に開設されるとのこと。トレステの中の人による発信なので、確かでしょう。

EasyLanguageで
・あれができたらいいな?
・これはどうやればいいの?
・エラーが出て、どうにもこうにもならん

今まで自分でEasyLanguageに手を出していなかった人、途中で挫折している人にとっては、公式フォーラムという気軽に質問できる場所ができることで、よりEasyLanguageの活用が進むんじゃないでしょうか。

今週末(?)のバージョンアップ、今月中の公式フォーラムの開設、色々と動きが見えてきたので、楽しみですな。

中の人、お疲れ様です。

2017年6月9日金曜日

6/7開催のメディア向けイベントの動画

Bコミさんがつぶやいていたのを発見。

同じ動画は、YouTube上からも見ることができる。

2017年6月7日(水)に行われたマネックス証券株式会社によるメディア向けイベント、『アクティブトレーダー向け日本株取引ツール「トレードステーション」で叶える 10年先を見据えたトレード環境』 の模様。

https://www.youtube.com/watch?v=f7w6qCFtVcg

YEN蔵氏&Bコミ氏「個人投資家が語る 10年先を見据えたトレード環境」

https://www.youtube.com/watch?v=vVqzkkJhPbs

(トレステ本家(マネックス証券)ウェブサイトにはイベント動画はなかった)

<新機能>

SNSビューア
・株式取引用のアカウントのみフォロー
・もちろん、tweetは自動更新
・登録した銘柄/キーワードでアラート表示可能
・トレンドを理解できるホットワード機能
・シンボルリンク機能でスピーディに取引

簡単発注アプリ
・シンプルな注文に特化した注文機能
・各項目のデフォルト設定が可能
・各項目の表示非表示設定がks脳
・自動指値などより高速な発注も
・トレステの取引サーバで高速板乗り

Snap_2017-6-9_No-01動画キャプチャ1

Snap_2017-6-9_No-03動画キャプチャ2

岡三マンさん、当然のごとく登場(笑)

SNSビューアは、デイトレーダーにとって非常に役立つツールになるだろう。
簡単発注アプリは、トレステのUI(ユーザインタフェース)を使いづらいと思っている他社製のツール利用者にとって、トレステでの取引頻度を増やすきっかけになるかもしれない。

バージョンアップ6/19へ向けて、ますます期待が高まってまいりましたよ。

2017年6月8日木曜日

6月19日に日経平均先物が表示可能になる?

twitterのタイムラインで、トレステの中の人と一般ユーザのこんなやり取りが目に入った。

おぉ!ついに、ついに、ついに(何度もしつこい)日経平均先物の表示が始まる。(シンガポールSGX、シカゴCMEも表示される様子)

6/19は月曜日だから、その前の土日にバージョンアップ通知が来ると思われます。

今回のバージョンアップで先物の表示以外にも、不具合も修正されていると嬉しいんだが、、、

斎戒沐浴して待つべし!

2017年6月1日木曜日

昨夜のトレードステーションのオンラインセミナーはvery Good

昨夜、トレードステーションのオンラインセミナーが開催された。

Bコミ氏出演!トレードステーションを活用した予習復習戦略 詳細版 |トレードステーション / マネックス証券 https://info.monex.co.jp/ts-info/seminar/20170531_01.html

Bコミ、こと坂本慎太郎氏によるトレステの活用方法について、1時間のオンラインセミナーであった。
(以前福岡で会場型セミナーがあり、その時の内容が好評で、オンラインでもやって欲しいと要望が寄せられたからではないかと推測される)


要旨
・(予習)トレードステーションを使った銘柄ピックアップ方法
・(復習)ワークスペースのウィンドウ配置例
・テクニック
-レーダスクリーンとホットリストの併用術
-実践に使えるEasyLanguage

実弾で実売買している人の意見なので参考になった。

後日、オンデマンドで配信されるそうなので、見逃した方は必見ですぞ!

彼には、再度、いや定期的にオンラインセミナーをやっていただきたいですねぇ(セミナーにはお金がかかるんだって、そう簡単に言うなよ(ツッコミ(笑)))
トレステの中の人、よろしくお願いいたします。