2017年7月28日金曜日

為替相場概況

たまにはトレードステーションの話題から離れて、為替について少し触れてみよう。

以下に示すのは、過去2年の3種類(ドルインデックス、ユーロ・ドル、ドル・円)のチャート。(StockCharts.com http://stockcharts.com/より)

・US Dollar index

Snap_2017-7-28_No-00

・EURUSD

Snap_2017-7-28_No-01


ドル高の流れは、トランプ大統領当選直後の昨年12月をピークにトレンドは転換し、下降トレンドの最中。特に7月に入ってからは加速し、昨年の安値を更新しそうな位置にある。

ユーロ高、ドル安。世界の流れは完全に「ドル安」。

ドル安が進むことで米国(輸出)企業へのプラス効果は大きく、業績が良くなりNY市場が最高値を更新していくのももっともだ。


・USDJPY

Snap_2017-7-28_No-02

ドル円については、同様に昨年の12月をピークに円安の流れは終了し、下降トレンドにはなっていないものの、長期間ボックス相場が続いている。

ドルとユーロの関係を見ると、円の上値が重いのは当然で、日銀が頑張って円高を阻止しているおかげでこの位置に踏みとどまっていると言ってもいい。

日米金利差が拡大するから、これからどんどん円安が進むのは必定だという声も聞こえるが、個人的にはそう簡単にはいかないと思っている。

ひとまずは、ドル安がどこで止まるかに注意している。それによって円安の進み方、ひいては日経平均株価が大きく動く合図になるかもしれないから。

保ち合い半年間、ええ感じに煮詰まってきましたなぁ。。。
これが煮物なら、中までよう味がしゅんで美味しゅうおまっせー。