2017年8月25日金曜日

[要望]レーダスクリーンフィルタリング機能の表示改善

トレードステーションの更新(アップデート12)の告知があった。

新機能「SNSビューア」&「かんたん注文」リリースのお知らせ|トレードステーション / マネックス証券
https://info.monex.co.jp/ts-info/news/20170824_01.html

twitter関連で話題性があるためか、本件は日経新聞にも採りあげられた。

株取引にツイッター機能 マネックス証券:日本経済新聞
  https://www.nikkei.com/article/DGXLASGC24H0A_U7A820C1EE9000/

今回のアップデートで新たに追加された機能は次の3つ。

  • SNS上の情報をトレーディングに活用!「SNSビューア」
  • トレステ初心者でも安心の「かんたん注文」
  • 「レーダースクリーン」がより便利に!フィルター機能

個人的には3つ目の、レーダスクリーンのシンボルフィルタ機能に興味を持った。

絞り込んだ状態でも並べ替えやリアルタイム更新など「レーダースクリーン」の強力な分析機能はそのまま。
銘柄ボート機能とスクリーニング機能が融合し、銘柄監視、銘柄選定がより便利になりました。

さっそくこの機能を試したところ、問題が判明した。

このフィルタリングを設定する領域が、レーダスクリーンを縦長(狭い幅)で表示した場合に3段のスペースを占領するため、ひと目で表示確認できる銘柄数が減り、邪魔に感じられるのだ。

Snap_2017-8-25_No-05

一方、横長にした場合は、1段表示になり、全体とのバランスで占有面積は大きく感じられない。

Snap_2017-8-25_No-02

4Kモニタなどで広いワークスペースを利用している場合は、本件はそれほど気にならないと思われるが、ノートPCなどの限られた面積で多数のウィンドウを開く人にとっては、少し邪魔に感じるかもしれない。

もちろん、この機能は設定で非表示にすることが出来るので、大きな問題ではないと思うかもしれない。

※レーダースクリーンフィルタリング機能をオフにするには、レーダースクリーンをアクティブにした状態でプラットフォーム上部の「表示」→「シンボルフィルター」から操作してください。

しかし、非表示に設定してワークスペースファイルを閉じ、再びファイルを開くと、フィルタリング領域が復活するのだ。ひぇ~(涙

そこでお願いです。

これでは使い勝手が悪いので、

  • 既存WSファイルでいったん非表示にしたら、設定を保持して欲しい
  • デフォルトで設定を選択出来るようにして欲しい
  • UI(ユーザインターフェイス)としては、
    [表示]-[シンボルフィルター]から設定するのではなく、
    [表示]-[レーダースクリーンの設定]の中にメニューを取り込むほうが良いと思う

以上、ご検討頂きたくよろしくお願いいたします。