2017年11月13日月曜日

トレステでEasyLanguageプログラム売買作成の2パターン

プログラム売買作成の2パターン

・現在行っている手法の自動・省力化
   既に成果が出ているやり方を、EasyLanguageでプログラムを組む。
売買サインを出し、手動で発注。またはストラテジーによって売買も完全自動化する。

→ プログラミング技術があれば、それほど難しくない。

・新しい手法の開発
投資アイデアを考え、ストラテジーを作り、検証・最適化し、新たに儲かる手法を探す。

→ いいアイデアを見つけても、それは一定の環境下でのみ通用し、長期間の運用に耐えられない。検証では好成績を収められても、いざ実運用すると思うような結果にならない。
かなり難しい。