2018年1月6日土曜日

CPU脆弱性問題

Windows Updateによるトレードステーション起動不能の件の続報。

今回の事象は、古いCPUを使っている私だけかと思っていたら、同じ症状になった人が複数いることが、公式フォーラムやtwitterで確認された。

トレードステーション公式twitterアカウントは、ユーザさんからの質問に次のように回答している。「Windows7では同様の(トレードステーションが起動できなくなる)事象が確認されていおりません」と。

↑油断は禁物ですよ。ちゃんと他のユーザから問題のあるなし、パッチを当てているか否か、詳細情報を収集してますか?

まだパッチが配布されていないPCも多いと思われるため、今回自分は関係ないと思っている人の中で、これから突然起動できなくなったりする人が出る可能性がある。

サポートサイトにある対策(レジストリの変更(注)、アップデートの無効化)は、あくまでも一時的、応急処置であると考える。

多くのアプリが動かないのならまだしも、他は問題なく、たった1つのアプリを動かすために、OS全体のセキュリティを下げようという発想には違和感を感じる。

(注)個人的には、レジストリはあまりいじりたくないので、「サービスの停止」で対応している。

0 件のコメント:

コメントを投稿