2018年2月25日日曜日

トレードステーションがクラッシュした時には、ひとまず関連プロセスを遮断する

トレードステーションが何らかの原因によりクラッシュした場合、PCを再起動するのが安全だが、個人的には、まずダメ元でトレステ関連のプロセスを遮断し、トレステを再起動している。

トレステでは同時に複数のプロセスが動いており、それらをタスクマネージャーから一つ一つ選択しkillするのは手間がかかる。

そこで、以下のようなバッチファイルを作り、デスクトップ上に置いておく。(ファイル名は TS_taskkill.bat など適当に)

そして、クラッシュした時にはこのバッチを「管理者として実行」すれば、すべての関連プロセスは一発で遮断できる。

@echo off
taskkill /F /T /IM ORPlat.exe
taskkill /F /T /IM ORCAL.exe
taskkill /F /T /IM ORCLPrxy.exe
taskkill /F /T /IM ORDllHst.exe
taskkill /F /T /IM TradeStationAgentForms.exe
taskkill /F /T /IM TsRTAServer.exe
taskkill /F /T /IM TSScanner.exe
taskkill /F /T /IM TSFirstTimeUser.exe
taskkill /F /T /IM WHServer.exe

(ファイルの有無を確認する条件分岐を書くのは横着して省き、起動されていなくても強制killする)

taskkillしても挙動がおかしい場合は、Windowsの再起動しか方法はない。

トレステを利用し始めた当初はしばしばクラッシュしていたが、バージョンアップをかさねることにより安定性が増し、近頃はほとんどクラッシュすることはないので、このバッチの利用機会もなくなった。よかよか。