2018年3月26日月曜日

明日は権利付き売買最終日なんだけど…

先週の金曜日。プログラム売買を運用中でも、買い建て玉を現物株にして権利付き最終日を持ち越せば、配当と株主優待をもらえるという投稿をした。

トレードステーション手習い帳: プログラム売買中でも現物株にすれば配当と優待がもらえる https://trade-station.blogspot.jp/2018/03/blog-post_23.html

さっそく今朝、11ある建て玉をすべて現引きし、さらに金曜日に買い指示の出た銘柄を現物で買った。この時点でプログラム売買による保有銘柄は合計17銘柄。

朝、twitterのつぶやき。

そして、夜。

大幅安が見込まれた中、買い向かう不安を乗り越え、日中の不思議な上昇を喜びつつ、まだ含み損があるもののまずは良かったよかったと安堵する。

そして、明日のプログラム売買をチェックしたところ、

な、なんと!11の銘柄に「売り」の指示。無慈悲な鉄槌を落としてくるプログラム君。よりによって現物をたくさん保有した途端、権利付き最終日にもかかわらず手じまいしろとは、ひどいじゃあーりませんか。

しかし、忠実なる下僕としては指示には逆らえぬ。ぶつくさぶつくさ文句を言いながらも、手じまい注文を完了した。はいはい、分かりましたよ。損切り、損切り、損切り。(ふてくされる)

ということで、権利を得るのは残った6銘柄になりました。株主優待ゼロの寂しい年度末。

欲しい銘柄はあるものの、余力があるからといって今から裸単騎で優待を獲りに行く気力は湧いてこない。

裁量取引は、引き続きノーポジション。