2018年4月11日水曜日

雑感 4月11日

今日は、まるで中小型株ファンドの解約売りのような(妄想?)、これまで強かった中小型の銘柄にまとまった売りが出てるような、奇妙な感じであった。

小型株は大型に比べて流動性が低いため、大口の売りが出ると下落幅が大きくなるのは避けられない。それが流動性リスク。

これが明日以降も続くのか、要注目。

相場が下げた理由、上げた理由を考えても意味のないことだけれど、あれこれと考えるのもまた楽し。

相場難易度は引き続き高し。

裁量取引は、引き続きノーポジション。プログラム売買のみ淡々とこなしている。