2018年5月16日水曜日

坂本慎太郎(Bコミ)著「脱イナゴでしっかり儲ける 20銘柄バスケット投資術」

脱イナゴでしっかり儲ける 20銘柄バスケット投資術
坂本慎太郎(Bコミ)著
東洋経済新報社 刊

読書感想文。

「このほんは、たいへんおもしろかったです」おわり

さて、本筋に入ろう。

著者が渾身の力作と言ったとか言わないとか(知らんけど(笑))。私はこの本を悩める個人投資家必読の書として推薦したい。悩んでいるなら、まずこれを読み実践、実戦あるのみ。

著者の坂本慎太郎氏は、株式ディーラー、機関投資家、個人投資家の3つの職種を経験し、そのたぐい稀なる経歴で培われた投資手法が、本書には余すところなく披露されている。

私が考える本書を貫くテーマは、ひとことで表すならば、「型を身につける」ことの重要性。

型を身につける。つまり、確立した投資手法を持てば、ネット上で有名人がつぶやく銘柄をよく考えもせず飛びつき買い、含み損を抱え、頭を抱えるといった場当たり的な投資(イナゴ)を卒業できる。誰にも頼らず、自分の頭で考え行動できる投資家になれる。

20銘柄バスケット投資法と名付けられた手法を行うには、高度な知識や経験は不要で、誰もが真似をすることが可能だ。ただし、日々予習復習を継続する力は必要である。

具体的には、昼間は仕事で相場を見られない兼業投資家でも参加できるように、全体で90日間のやや余裕を持ったプログラムから構成されている。

監視対象を200銘柄選び出し、その中から20銘柄に絞り込んで日々の売買対象にするというもの。銘柄の抽出手法やメンテナンスのやり方も具体的に書かれている。

これを一歩一歩進めることで「結果にコミット」(RI**P)の保証はあるかないか分からぬが、投資力が増すしくみ。

一朝一夕には結果は出ないかもしれない。しかし、この手法を地道に続けていくことで誰にも頼らず、自分で考え行動する個人投資家として一生モノの投資力を身につけることが出来るだろう。

わたし個人としては、今はトレステの開発に時間を割いているので、本書の20銘柄バスケット投資法には手を付けていないものの、近々にやりたいと考えている。(すぐやれ!)

補足:

トレードステーションとの相性抜群

この手法は、トレードステーション(トレステ)利用者にうってつけの手法である。200銘柄バスケットの管理はカスタムシンボルリストを作成し、レーダースクリーンを使えばチョチョイのチョイ。場中の監視もOK。さらに予習復習チャートの確認はシンボルリンクでらーく楽。そこの貴方、速攻でトレステ口座を開きましょう。(宣伝?)

情報入手

著者はラジオの投資番組にレギュラー出演されているので、本書に興味を持たれたら番組は必聴。またラジオ以外では、週に一度ニコ生およびYouTubeでオンラインセミナーが開催されているので視聴すべし。(再度宣伝?)

Bコミの六つの眼 トレステ出張版
トレステさんのコミュニティ-ニコニコミュニティ
http://com.nicovideo.jp/community/co3702687

余談であるが、著者は自ら本に書いてある手法によって個人投資家として株式の売買を行なっている。

定期的に某証券会社(隠すことない、マネックス証券トレステ口座)の成績を開示している。150万円チャレンジはスゴイぞ!夢がある。"I have a dream!" 必見だ。

近々に新刊出版記念セミナーも開催されると思われるので(たぶん)、興味のある方は参加しましょう。そして著者とツーショット写真を撮るんだ(違う)質問攻めにしましょう。

身銭を切り、実際に売買をしている人なので、発言の重みが違いますよ。

2018年5月12日土曜日

EasyLanguageの本が来月出版される

昨日、トレステの中の人がTwitterでつぶやいておられた。

さっそくAmazonの詳細ページを確認したところ、商品の説明があった。

EasyLanguageプログラミング入門 (稼ぐ投資) 大型本 – 2018/6/19
インディ・パ株式会社 (著)

商品の説明
より効率的に株式投資で利益を生むために作られた世界シェアNo.1ツール「トレードステーション」。
このトレードステーションを最大限活かせるのが、「EasyLanguage」と呼ばれるプログラミング言語です。

このEasyLanguageを駆使することでトレードステーションはさらに進化します。
株式銘柄や指標だけでなく、仮想通貨や為替などとの各種データとの検証方法の工夫や、チャート表示やテクニカル分析の作成、さらには独自ルールによるシステムトレードの構築etc...。
このプログラミング言語を習得することで、貴方にとって理想の投資を実現することができます。

※本書は投資の知識があれば、EasyLanguageが理解できるように製作されています。

登録情報
大型本: 304ページ
出版社: standards; B5正寸版 (2018/6/19)


発売日は、中の人は6月16日、Amazonは6月19日とあり、二者で異なるが、どっちでもいいです(笑)

著者はインディ・パ株式会社。これまでにもEasyLanguageセミナーなど関係のある本郷喜千氏の会社ですね。

OOEL周辺の事例、解説があれば個人的には嬉しい。

これは予約必須ですな。

2018年5月6日日曜日

手法に貴賎なし

  • ファンダメンタルズ分析で儲けた、1万円
  • テクニカル分析で儲けた、1万円
  • 材料株に飛び乗り儲けた、1万円
  • 知人のすすめに従い儲けた、1万円
  • サイコロを振って適当に売買して儲けた、1万円

すべて平等。どの手法が良い、悪いの区別はない。

投資は結果がすべて。

上がった理由、下がった理由、相場解説がいくら上手でも、結果が出せなければ評論家。

他人の手法をわざわざ面と向かって否定する必要もない。自分はやらなければいいだけ。

良いなと思う手法があれば、真似をすればいい。人から学ぶことは多い。

資金量、知識、技術、精神力、持っているものは人それぞれ異なる。

長期にわたって継続可能な手法、自分が得意なやり方をやるだけ。

手法は広く知れ渡ったら徐々にその効力を失う

twitterで流れていた話を見て、感じたことをメモ。

-----

  • マーケットの歪みに着目し、優位性のある手法で儲けた
  • 「この手法で億り人になりました」「*千万円儲けました」
  • 「ただいま販売中」
  • 聖杯探しをしている人がこぞって購入する
  • 多くの人が似たような手法で取引をする
  • いままで通用していたやり方の効力が徐々に失われる
  • 想定していた儲けが得られなくなる
  • 世の中にうまい話はない。仮にあったとしても一時的なもので、それが長続きすることはない
  • 開発者は、誰も気づかなかった手法に着目し”短期的に”儲けた
    そして手法の販売でさらに儲けた。一石二鳥
  • 開発者は、また新たな手法を探し出し、販売する
  • 聖杯探しをしている人は、また購入する
  • 繰り返し
  • 暗号通貨のように市場が未成熟な状態なら、短期的にある特定の手法が通用する可能性は高い
  • 投資経験の少ない初心者が多ければ多いほど、市場に偏りが存在する
  • しかし、いわゆる「大人」が本気で参入すれば、市場の偏りは是正、平均化される

-----

2018年5月3日木曜日

IPO銘柄を分析するためのワークスペース 5月2日時点



2018年新規上場会社の一覧

騰落率(初値比)を見ると、初値を上回っている銘柄よりも、下回っている銘柄のほうが多い。高値を追っている銘柄はない。最近の新興市場の動向が影響していると思われる。

(銘柄はJPXウェブサイトより)

新規上場会社情報 | 日本取引所グループ
https://www.jpx.co.jp/listing/stocks/new/index.html

ワークスペースは、トレードステーションの公式サイトで公開される予定。もうしばらくお待ち下さい。