2018年5月16日水曜日

坂本慎太郎(Bコミ)著「脱イナゴでしっかり儲ける 20銘柄バスケット投資術」

脱イナゴでしっかり儲ける 20銘柄バスケット投資術
坂本慎太郎(Bコミ)著
東洋経済新報社 刊

読書感想文。

「このほんは、たいへんおもしろかったです」おわり

さて、本筋に入ろう。

著者が渾身の力作と言ったとか言わないとか(知らんけど(笑))。私はこの本を悩める個人投資家必読の書として推薦したい。悩んでいるなら、まずこれを読み実践、実戦あるのみ。

著者の坂本慎太郎氏は、株式ディーラー、機関投資家、個人投資家の3つの職種を経験し、そのたぐい稀なる経歴で培われた投資手法が、本書には余すところなく披露されている。

私が考える本書を貫くテーマは、ひとことで表すならば、「型を身につける」ことの重要性。

型を身につける。つまり、確立した投資手法を持てば、ネット上で有名人がつぶやく銘柄をよく考えもせず飛びつき買い、含み損を抱え、頭を抱えるといった場当たり的な投資(イナゴ)を卒業できる。誰にも頼らず、自分の頭で考え行動できる投資家になれる。

20銘柄バスケット投資法と名付けられた手法を行うには、高度な知識や経験は不要で、誰もが真似をすることが可能だ。ただし、日々予習復習を継続する力は必要である。

具体的には、昼間は仕事で相場を見られない兼業投資家でも参加できるように、全体で90日間のやや余裕を持ったプログラムから構成されている。

監視対象を200銘柄選び出し、その中から20銘柄に絞り込んで日々の売買対象にするというもの。銘柄の抽出手法やメンテナンスのやり方も具体的に書かれている。

これを一歩一歩進めることで「結果にコミット」(RI**P)の保証はあるかないか分からぬが、投資力が増すしくみ。

一朝一夕には結果は出ないかもしれない。しかし、この手法を地道に続けていくことで誰にも頼らず、自分で考え行動する個人投資家として一生モノの投資力を身につけることが出来るだろう。

わたし個人としては、今はトレステの開発に時間を割いているので、本書の20銘柄バスケット投資法には手を付けていないものの、近々にやりたいと考えている。(すぐやれ!)

補足:

トレードステーションとの相性抜群

この手法は、トレードステーション(トレステ)利用者にうってつけの手法である。200銘柄バスケットの管理はカスタムシンボルリストを作成し、レーダースクリーンを使えばチョチョイのチョイ。場中の監視もOK。さらに予習復習チャートの確認はシンボルリンクでらーく楽。そこの貴方、速攻でトレステ口座を開きましょう。(宣伝?)

情報入手

著者はラジオの投資番組にレギュラー出演されているので、本書に興味を持たれたら番組は必聴。またラジオ以外では、週に一度ニコ生およびYouTubeでオンラインセミナーが開催されているので視聴すべし。(再度宣伝?)

Bコミの六つの眼 トレステ出張版
トレステさんのコミュニティ-ニコニコミュニティ
http://com.nicovideo.jp/community/co3702687

余談であるが、著者は自ら本に書いてある手法によって個人投資家として株式の売買を行なっている。

定期的に某証券会社(隠すことない、マネックス証券トレステ口座)の成績を開示している。150万円チャレンジはスゴイぞ!夢がある。"I have a dream!" 必見だ。

近々に新刊出版記念セミナーも開催されると思われるので(たぶん)、興味のある方は参加しましょう。そして著者とツーショット写真を撮るんだ(違う)質問攻めにしましょう。

身銭を切り、実際に売買をしている人なので、発言の重みが違いますよ。