2018年8月22日水曜日

大循環MACD的日経平均株価 20180821

Snap_2018-8-22_No-00

前回(7/25)のステージ1状態から、短期間で1-2-3と一気に下抜けして現在はステージ4。
移動平均線どうしの間隔も狭く、トレンドはなく、もみあい継続中。
こういう相場状況の場合、移動平均線を材料として売買を判断するのは難しい。


日経平均株価よりもTOPIXの方が、チャート形状としてはステージ推移がきれいに現れている。

Snap_2018-8-22_No-01

TOPIXと比較して日経平均株価の下げが小さいのは、先物の思惑が絡んでいるからであろう(根拠なき推測)。TOPIXが相場の実態(買い方の懐具合)を反映しているのではないか。

マザーズ、JASDAQの新興市場はもっと状況は悪い...

2018年8月21日火曜日

夏休みの終わり

7月20日にポジションを閉じ、夏休み入り。
そして一ヶ月が経過。投資夏休みを終え、再び市場に戻って来た。
この間、チェックしている銘柄は、休み前と変わらない位置に居るか、下がっているものが散見される。

2018年は難易度が高い相場。(これまでが容易だったとは言わないけどネ)
全体市況が良くない時には、資産を大きく減らさないことが肝要。
これから年末に向けて、無理をせず、マイペースで取り組んでいく。
大納会を笑顔で迎えられますように。

TOPIXと騰落レシオ 8/20時点

TOPIXと騰落レシオ。定期観測。
Snap_2018-8-21
TOPIXの下がり具合に比例して、騰落レシオ(20)がもう少し下がってもよさそうに思われる。(対TOPIXで)日経平均が踏ん張っているから、下がってこないのかもしれない。
この指標のみでは、7月5日のように、「待ってました。買い場到来」という気持ちにはなりづらい現状。