2018年12月31日月曜日

TOPIXと騰落レシオ 2018年大納会

騰落レシオは、過去数年のデータを元にすると、この10月12月に年に一度起こるか起こらないかの低水準まで低下した。

この状態を売られ過ぎだと見るか、これから厳しい相場が来るからその前触れだと捉えるか、人それぞれ解釈は異なるだろう。

古いデータは持ち合わせていないので推測になるが、もし過去の長期下落相場においてこの水準の騰落レシオががしばしば見られていたとしたら、これが売られ過ぎだという解釈は間違いになる。

さて、この局面でどうするか。

トレーディングという観点から、年に一度の異常事態なら少額を逆張りで買い向かう手もある。もちろん、ストップロスを置き損失限定にしておく。もしくは、異常事態が解消されるまで(=ある程度の上昇が確認できるまで)買いを待つという手もある。

あなたはどちらを選びますか?ま、普通は後者でしょうなぁ。

2018年12月27日木曜日

わがトレステ口座の2018年成績

12月25日で年内受け渡しの取引が終了。

わがトレステ口座の2018年成績は、11月終了時点ではプラス収支。このまま大納会へなだれ込みを図れば正月の餅代は大丈夫と思っていた。

しかし、絵に描いた餅とはまさにこのこと。師走の急落の波をかぶり、一転含み損を抱える事態に陥る。

残り日数を考えると今年中の巻き返しは不可能となったため、損出し作業を行った。配当分も含めてちょうどプラマイゼロまで持っていこうかとも思ったが、こういった後ろ向きの細かい計算が面倒になり止めた。還ってきた税金で正月をしのぐ。自分が先に払った分が戻ってきただけやん(苦笑)

まだ2営業日残すものの、既に店じまい、お休みモードに突入。

反省を踏まえた来年の作戦はゆっくりと時間をかけて考えよう。ひとまずはこの厳しかった2018年を終え、来年も相場を張ることができる幸せを噛み締める。

最後に、

退場しなければ、必ずチャンスは巡ってくる。生きるんだ。

(東証)戦場に散っていった者たちへ、哀悼の意を表します。

2018年12月25日火曜日

障害記録 20181225

トレステ公式サポートサイトより

【障害】ポジションの評価がリアルタイムで計算されていない事象を確認しています

2018年12月25日(火)9:00から、取引が開始されたにも関わらず、保有するポジション(現物株、信用建玉共)の評価がリアルタイムで計算されていない事象を確認しています。
これにより、お客様の未実現損益、現物株買付余力や信用建玉余力が正確に計算されていない可能性がございます。
現在復旧対応中ですが、対応完了まで、今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。

【ご注意】【更新】12/21(金)のデータがチャートに表示されない、不正に表示される事象について

(2018/12/25 12:15更新)
2018年12月25日(火)一部のお客様で、チャートに12/21(金)のデータが表示されない事象を確認しておりましたが、個別銘柄の12月21日の4本値、出来高についても正しく表示されていないことを確認しております。ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。
現在復旧作業中ですが、復旧まで今しばらくお待ちください。
https://info.monex.co.jp/tradestation-support/

相場が大きく動いた時に障害が発生するのは、ある程度はやむを得ない気もするが、極力そういうことがないように、よろしくお願いいたします。

追記12/26 サポートサイトの更新による

【障害復旧】ポジションの評価がリアルタイムで計算されていない事象は復旧しました

(2018年12月26日 9:30更新)
2018年12月25日(火)9:00から、保有するポジション(現物株、信用建玉共)の評価がリアルタイムで計算されていない事象が発生しておりましたが、12月25日の23時頃にサーバーを再起動させ、復旧いたしました。(12月25日の23時から15分程度、システムにログインできない時間帯がございましたこと、申し訳ございませんでした)
12月26日(水)の取引開始以降も、リアルタイムで評価が計算され、現物買付余力や信用建玉余力が正確に計算されていることも確認しております。
また、12月21日(金)のチャートデータが欠けていた事象も復旧しております。
お客様には、大変ご不便をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。

恐怖と恐怖と恐怖に支配された株式市場

現在、12月25日前場。日経平均株価は800円近くの下落。

これまでに「怖れることはない」と言ってきたが、完全に読みが外れていた。反省しております。

「実は途中からひっそりと売りに転じ、この下げで儲けています」なんていう機敏なトレード能力は持ち合わせていないため、この下げの大波には抗えず、先週ついに今年の収支がマイナス圏に突入した。

警戒してポジションを小さくしていたことで追証や退場の危機がないことが救いである。(もし、下げの途中で逆張りでどんどん信用で買い向かっていたらと思うと怖いですねぇ...)

恐怖と欲望の交差する株式市場。欲望は霧散し恐怖と恐怖と恐怖に支配された現状。

しかし、まぁそのうちなんとかなるんちゃう?という状態でのんびり構えているワタクシ。楽天的というか、能天気というか、単に何も考えてないだけというか...

ひとまず今の段階では現有ポジションをゼロにする予定はない。


2018年12月23日日曜日

移動平均線大循環的日経平均株価 20181221

定期観測中。

・11月29日にステージ4から5に転換

・2営業日後の12月3日にステージ6に転換。ステージ1の上昇トレンドに移行するかと思われたが、大幅下落でステージ5,4と逆戻り、下降トレンドに復帰

その後も絶賛?継続中。移動平均線の間隔が広がっている、いわゆるトレンドが加速している状態。

ここで振り返ってみよう。

仮に、12月3日にトレンド転換して上昇すると判断し買いを入れたとする。

・翌日の大陰線で下方を警戒。脱出準備

・翌々日の下抜けで損切り

・そこからショート

こうやって分析してみれば簡単なのに、今、私はなぜ225先物ミニ1枚でもいいからショートポジションを持っていないでしょうねぇ(ははは)


2018年12月22日土曜日

TOPIXと騰落レシオ 20181221

師走に入っての大幅下落。新安値数が4桁を更新し、完全に底抜けした相場。

騰落レシオは当然のごとく下降中。

ここまで売られてしまうと、助平心が出てきて逆張りの買いを入れたくなるねぇ。

2018年12月14日金曜日

EasyLanguageプログラミング ホームスタディ動画講座

トレステ公式サイトのお知らせより。

EasyLanguageの動画講座が販売されるとのこと。

【EasyLanguageプログラミング ホームスタディ動画講座】販売のお知らせ|トレードステーション / マネックス証券 https://info.monex.co.jp/ts-info/news/20181213_01.html

「EasyLanguageプログラミング入門」の著者 本郷喜千氏が書籍の内容を詳しく解説する動画教材が日本eラーニング協会より販売されます。
動画は約47時間にもおよび、基本文法からオリジナルインジケーター・ストラテジーの構築まで習得できます。
購入者特典として、6ヶ月間本郷氏が直接ご質問に回答するサポートサービス付き!(第一期申込みの場合)
システムトレードやEasyLanguageに興味がある方はぜひチェックしてください。

ただし、マネックス証券が直接販売しているのではなく、日本eラーニング協会にて提供される。(下記リンク)

トレードステーションEasyLanguageプログラミングホームスタディ動画講座|本郷喜千
https://ts-el.com/oto01.html

プログラミングについての知識や経験を持たない人がゼロからトレステを利用開始する場合には、上のような形で段階を踏んで学習していくことで効率よく身につけることができるだろう。サポート期間も3ヶ月(初回申し込みは6ヶ月)あるようだ。

トレステを活用するための環境整備が進むのは非常に良いことである。トレステの利用者数が増え、証券会社の収益が上がるようになればユーザへのサービスが充実するので、喜ばしい。

独学で身につけるか講座で学ぶか、それぞれメリット・デメリットがあるので、各自が自分に適した手法でやればいい。

2018年12月13日木曜日

小さな障害が発生

本日、久々に場中にトラブルが発生した模様。

以下公式サポートサイトより。

【復旧】プラットフォームが固まる事象は復旧いたしました
2018年12月13日 9:30頃より、トレードステーションにログインすると、リアルタイムデータを取得中となり、プラットフォームがフリーズしてしまう事象が発生していました。また、ホットリストに接続できない、一部のファンダメンタルデータが取得できない等の事象も一部のお客様で発生していましたが、いずれも9:40現在で復旧しています。
お客様には大変ご迷惑をおかけしました。誠に申し訳ございません。

TradeStationサポートサイト https://info.monex.co.jp/tradestation-support/

サーバの不調が発生、再起動で復旧完了といったところでしょうか。

2018年12月10日月曜日

トレステのキャッシュを削除するバッチファイル

新しいPCにしたこともあってか、トレステの動作は以前に比べて安定したものの、それでもたまにエラーが生じることがある。(アプリケーション終了後に、一部のプロセスが残っているから?)

エラーが発生した後にすぐにトレステを使いたい場合は、PCを再起動すれば一番良いのだが、それは面倒。そこでトレステの関連プロセスをtaskkillした上で、キャッシュファイルを削除している。

ということで、今回はキャッシュの削除について。(taskkillについては以前投稿した)

キャッシュを削除するためには、
・Explorerを立ち上げる
・キャッシュディレクトリまで移動
・キャッシュファイルを選択
・deleteキーを押して削除
という作業を行う。

キャッシュを削除する機会は少ないため、毎回手動で問題はないのだが、バッチファイルを作ってショートカットから実行すればダブルクリック1回で削除作業が完了するので便利だ。

以下はバッチファイルの中身。

-------------

@echo off

rem --- set cache directory in Tradestation ---
set PARAMETER=C:\Program Files (x86)\TradeStation 9.5\Program\Cache

rem --- delete all files in this directory ---
pushd "%PARAMETER%"
del /q *.*
for /d %%i in ( * ) do rd /q "%%i"

exit 0

----------

補足説明

・トレステのインストールフォルダは自由に変更できないので、キャッシュディレクトリはユーザ共通だと思うが念の為確認してね
・削除の前に確認ダイアログは出さず、bat実行即削除なので※注意
・管理者権限で実行すること

ダウンロードはこちらから

2018年12月1日土曜日

TradeStation 9.5 アップデート22 無事に完了

トレステのメンテナンス期限は18:00までの予定とされていたが、試しに16:00時点でログインしたところログインできた。ということで早速アップデート作業を行った。

すんなりとアップデート完了。(エラーを期待していたのだが(おい)、最近は安定度が増しているので何も起きず)

-----

[アップデート内容]

TradeStation 9.5 アップデート22

[機能追加]
・かんたん注文に新たな注文方法の追加
・トレーディングアプリウインドウの改善
[不具合の修正]
・SNSビューアで接続できなくなるケースの改善
・ストラテジーで同銘柄で異なる取引区分のポジションを保持していた場合に正しくポジションが同期できない問題の修正

-----

音声入力注文を試そうと思っても、実は私のPCにはマイクがないんですよね。ははは。次はテレパシー注文機能を実装してもらおう。