2019年5月20日月曜日

TOPIXと騰落レシオ 20190517

定期観測中のTOPIXと騰落レシオ

20日騰落レシオが70を割ったところは押し目買いのチャンスであった(結果的に)。あくまでも括弧付き。

騰落レシオについては、以前からこうなったらこうしよう、というマイ・ルールを設けていたものの、実取引までは及んでいなかった。

しかし、今回はルールを守って、先週の火曜日の第1弾買いポジション構築につながった。


次も同じような機会が来れば、必ず出動するかと問われたら?

うーん、、、それまでに保有しているポジションサイズ次第ですね。今回は現金比率が相当高かったため、気軽に動くことができたという事情もある。

2019年5月17日金曜日

楽天証券からトレステ口座に株式移管

今週火曜日に新たに組んだポートフォリオに、昨年から継続保有していた銘柄の一部を加えるべく、楽天証券からマネックス証券(トレステ口座)に株式移管手続きを行った。

楽天証券で一旦売却し、トレステ口座で同じものを買い直せば、わざわざ手続する必要はないにもかかわらず、、、スミマセン、売買手数料をケチりました(^^ゞ

株式の移管手続きは次の通り。

・楽天証券から出庫する場合は、オンラインで完了する(受け入れ先では手続き不要)
・マネックス証券から出庫する場合は、関係書類を取り寄せ、手書きで記入し郵送する(※今回は対象外)

火曜日の午後に楽天証券にて手続きを完了。3日後の金曜朝には既にトレステ口座に移管手続きが完了した(T+3と同じ)。郵送の場合は(地方在住)1週間程度は時間がかかるが、オンライン処理だと早いです。

このポートフォリオは、少し長めの保有期間を想定している。毎週毎週、銘柄の入れ替えをする予定はない。売買回転率は年間100%程度を想定している。ただし、節操なく売買することもありうる。ふふふ。

最後に、マネックス証券さんへの要望:
他社へ株式移管する際は、書類ではなく、オンラインで手続きが完了できるように、お願いいたします。

2019年5月14日火曜日

魚が網にかかった

米国株の大幅下落に一旦は腰が引けそうになったものの、昨日の買い意欲を維持。

トレードステーション手習い帳: 買い注文を出すも約定せず
https://trade-station.blogspot.com/2019/05/blog-post_13.html

明日も指値を置いて、待つことにしよう。網を張り魚が入ってくるのを待つ漁師の心境?

注文を修正、作り直したものの、魚が網にかかった。(=現物の持ち越し買いポジション構築)

今日発生したトレステの障害に巻き込まれたものの、既に注文の大半は早い時間に約定していたため難を逃れることが出来、幸いであった。

まだまだ余力あるでぇ。かかってこいやー!(虚勢を張る(笑)

みんなで松本会長にトレステに対する要望を送ろう

マネックス証券から毎日配信されているマネックスメール(5/14付)に掲載されていた内容。

■■■■■ 松本大とここだけトーク:収録版 質問募集!■■■■■
【オンデマンドセミナー】視聴無料
※2019年5月20日(月)配信予定
マネックス証券株式会社代表取締役会長 松本大が、お客様から事前に頂戴した
様々なご質問に回答いたします。
マネックス証券およびマネックスグループに関することはもとより、マーケット
の動向や経済に関して、また、トレーディングに関して等、何でもご質問ください。
オンデマンドセミナーは、スマートフォンでもご視聴いただけます。
↓ご質問はコチラから↓
http://mail01.monex.co.jp/?4_--_195731_--_386696_--_8
※ご質問募集期間:2019年5月9日 20:00~2019年5月16日 12:00
配信は当社オンデマンド配信のページからご覧ください。
http://mail01.monex.co.jp/?4_--_195731_--_386696_—_9

5月16日のお昼12時までに上記リンク経由で質問すれば、松本会長から直接回答をいただけるとのこと。

障害を繰り返しているトレステについて、いいタイミングだからみんなで松本会長に直訴しましょう!

利用者一人ひとりの思いを経営トップに直接届けることが、今後のトレステサービスの向上につながるかもしれませんよ。

(私は送信済)

障害発生記録 20190514

2019年5月14日、午前10時34分頃、取引サーバに障害が発生。

注文、ポジション表示ができなくなった。データサーバは問題なし。前回4月の障害と同じ症状か。

Webへのシステム切り替えにより対応中。

第一報(公式サイトより)

【重要】トレードステションの取引サーバーに障害が発生しています

2019年5月14日(火) 10:34頃、トレードステーションの取引サーバーに障害が発生し、注文の発注(訂正、取消を含む)や、ポジションの表示などができない状況です。トレードステーションから証券総合口座取引システムへのシステム移行を検討しております。
決まり次第、お知らせいたします。

第二報

【トレードステーションサポートダイヤル混雑しております】

本日発生した障害の影響によりトレードステーションサポートダイヤルが大変混みあっております。
ご迷惑をおかけしており誠に申し訳ございませんが何卒よろしくお願いいたします。

【重要】トレードステーションのシステム障害のため証券総合取引口座システムに移行しました

2019年5月14日(火) 10:34頃、トレードステーションの取引サーバーに障害が発生し、注文の発注(訂正、取消を含む)や、ポジションの表示などができない状況となり、11:03に証券総合取引口座システムにシステム移行しました。
大変お手数ですが、注文等の発注等は、証券総合取引口座からお手続きください。
お客様にはご迷惑をおかけして、大変申し訳ございません。

以上


追記1:第三報

2019年5月14日(火) 10:34頃、トレードステーションの取引サーバーに障害が発生し、注文の発注(訂正、取消を含む)や、ポジションの表示などができない状況となり、11:03に証券総合取引口座システムにシステム移行しました。
大変お手数ですが、注文等の発注等は、証券総合取引口座からお手続きください。

■トレードステーションで前場に発注した注文についてのご注意
1. 前場に約定している注文の内、いくつかの注文は、証券総合取引口座画面で「発注済」と表示されている場合があります。リアルタイムで約定が反映していませのでご注意ください。(取引終了後の出来値システム処理により反映します)

2. 証券総合取引口座画面に「発注済」となっている注文を「取消」「修正」することはできません。「取消」「訂正」をする場合、以下サポートダイヤルまでご連絡ください。約定状況が判明次第電話で承ります。

お客様にはご迷惑をおかけして、大変申し訳ございません。

追記2:第四報

【重要】5/14(火)に発生したトレードステーションシステムの障害対応について

2019年5月14日(火) 10:34頃、トレードステーションの取引サーバーに障害が発生し、注文の発注(訂正、取消を含む)や、ポジションの表示などができない状況となり、同日11:03に証券総合取引口座システムにシステム移行しました。
システム移行後は、注文状況について証券総合取引口座システムでご確認いただきましたが、以下の問題が発生しておりましたのでご確認ください。

1. 前場に約定している注文の内、いくつかの注文は、証券総合取引口座画面で「発注済」と表示されている場合があり、取引終了後の出来値システム処理により正常に反映させていただきます。

2. 証券総合取引口座画面に「発注済」となっている注文の「取消」「修正」について、システムから実行することができませんでしたので、サポートダイヤルにて電話で承っておりました。

■「期間指定注文」に関するご注意
5月14日(火)にシステム移行を行いましたので、注文のシステムの取扱上、5月15日(水)以降に有効な「期間指定注文」はすべて無効となっております。大変お手数ですが、トレードステーションサービス再開後に再発注をお願いいたします。

■トレードステーションのサービス再開について
障害の原因の究明と復旧作業を進めてまいります。5月15日(水)の7:00までに作業を完了させ、その時点でサービス再開が可能な場合、本サポートサイトに告知いたします。

明日の再開は未定とのこと。うーむ、困ったもんだ。

追記3:第五報(翌朝)

【復旧】トレードステーションサービス再開のお知らせ

5/14(火)に発生したトレードステーションシステムの障害は、5/15(水)6:45に復旧いたしました。
トレードステーションよりお取引いただけます。(証券総合取引口座画面からはお取引いただけません)
お客様にはご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんでした。

復旧した模様。

追記4:第六報(翌々日朝)

【ご案内】2019年5月16日(木)のトレードステーションサービス開始時間

2019年5月16日(木)のトレードステーションのサービスは、残高情報の更新などの作業に予定よりも時間を要したため、7:30頃開始となりました。
サービス開始までの間、チャートなど情報の確認は可能でしたが、一部の残高や株式の分割情報などが反映されていませんでした。
ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

追記5:

5/14(火)のトレードステーションシステム障害に関するご注意

本システム障害により、5月14日(火)の取引終了後、5月15日(水)以降に有効な「期間指定注文」は全て失効となっております。大変お手数ですが、必要に応じて再発注をお願いいたします。

また、本システム障害により、マネックス証券の証券総合取引口座システムにシステム移行を行いましたが、その間のご注文状況についてご質問がある場合は、以下トレードステーションサポートダイヤルまでお問い合わせください。

この度の障害により、お客様に多大なご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申しあげます。

2019年5月13日月曜日

買い注文を出すも約定せず

難しい相場で無理することはないと前回投稿した。

自らの言葉に対する責任はどこへ行ったやら、以前から注目していた銘柄を買おうと思い立つ。(む、む、無理してるんじゃないからねっ!節操の無さはトレーダー向き(笑))

とはいえ、この悪い環境において成り行き注文で即時に手に入れたいほどの欲望は持っておらず、テクニカル的に目処となる価格に指値をセットして放置した。ダメ元ですな。

結果、大引けまでに約定せず。

明日も指値を置いて、待つことにしよう。網を張り魚が入ってくるのを待つ漁師の心境?

日が変わったら突然、撤回する可能性もありますよ。ふふふ。

2019年5月12日日曜日

難しい相場環境で無理することはない

新時代の幕開けによるご祝儀相場があるかもしれないという淡い期待は消え去った。

世界の株式市場は、米国のトランプ大統領のTwitter発言によって上へ下へと動いている。(基調は下方向)

米中貿易協議は結論が持ち越され、そもそも結論を出す気があるのかすら疑わしい。(問題の先送り)

政治リスクの顕在化。

先が見えない状況においては、投資家の不安心理が高まり、相場参加者も少なく、Volatilityが上昇する。

昨年2018年は難しい相場だったが、同様に今年も難易度が高い相場になるかもしれない。だからといって、相場は今まで簡単だったとは思っていないけど(^^ゞ

運用に制限がある機関投資家(アクティブファンド)とは異なり、個人投資家は思い切って現金を100%にしてのんびりと相場の行方を眺めることも出来る。

大きなポジションを持ち越したまま、翌朝起きたら「おはぎゃー!」ということもあり得る。日計り取引に徹するもよし。何もせず観察するもよし。トレステのプログラミング学習に励むもよし。

霧が晴れるまで、無理せずのんびり行きましょうや。

秋には、環境が好転しているでしょう。たぶん(根拠ゼロ)

2019年5月11日土曜日

TOPIXと騰落レシオ 20190510

定期観測中のTOPIXと騰落レシオ。


令和時代の始まり。海外事情によりご祝儀もなにもあったもんじゃなく、大きく下落。

金曜日夜の米国が上昇したので、週明けの東京市場も「一旦は」反発する模様。

騰落レシオだけを見ると、逆張りの買いを入れても良いタイミングではある。(金曜日の引けに入れようか迷ったが見送ると、ホラね(^^ゞ)

2019年5月10日金曜日

トレードステーション利用条件が掲示された

先月から利用者の間で注目を集めていた、トレステの利用継続するための条件が公式サイトに掲示された。

【重要】トレードステーションの利用に条件を設定いたします - トレードステーション サポートサイト
https://info.monex.co.jp/ts-support-info/information/20190401_info.html

◆利用制限の条件◆
利用契約の締結日より一年経過後の翌月以降、毎月の最終営業日に以下の判定を行い、双方に該当した場合、猶予期間経過後に原則として利用契約が解約されます。
・過去1年間においてトレードステーションを通じた取引がない場合(約定日基準)
・月末残高(証券総合取引口座に預託されている日本円、MRF、国内上場有価証券および投資信託(外国籍投資信託を除く))が30万円に満たない場合

(猶予期間と解約)
猶予期間は判定を行った月の翌月最終営業日までとし、その時点で上記の基準の双方に該当している場合は、利用契約は翌月第三営業日までに解約されます。
※初回の判定は6月末基準で行い、対象のお客様にはメッセージボードおよびメールにてご連絡いたします。一ヶ月の猶予期間経過後(7月末基準)でも条件に該当する場合、8月の第三営業日までに利用契約を解約いたします。
※判定と解約は毎月実施していきます。

これに合わせて、口座開設時に承諾する利用規定も改定された。

【重要】トレードステーション利用規定等の改定のお知らせ - トレードステーション サポートサイト
https://info.monex.co.jp/ts-support-info/information/20190510_documentupdate.html

解約となる条件は、

  • 過去1年間取引がない
  • 月末口座残高が30万円未満
    (条件判定は、毎月末(最終営業日)に行われる)

2つの条件を両方満たす場合は注意が必要。

なお、いきなり解約されることはなく、1ヶ月の猶予期間がある。

該当しそうな利用者さんは、きっちり読んでおきましょうね。

2019年5月6日月曜日

ダウ逆張りストラテジー

10連休のリハビリにEasyLanguageプログラミング。

『EasyLanguage プログラミング入門(本郷喜千著)』P.267に掲載されているストラテジーサンプルを写経し、検証した。

[ダウ逆張りストラテジー(#6-9-11)]

概要:

  • NYダウが陰線の場合、翌朝の寄り付きで日経225連動型ETF(1321)を1株成り行き買い
  • 当日の大引けで手じまい
  • 検証期間:2011/6/30から2019/4/26まで(10年弱)
  • 手数料は含まず

結果:



このままでは使えないことが分かる。そりゃ、簡単に儲かるストラテジーがあるのならば、市販本に載ることはありませんよね。

ただ、この非常に単純なロジックでProfitFactorが1、勝率が50%近くにあるということは、フィルタを設定すれば、実戦投入可能になるかもしれない、ならないかもしれない。(どっちやねん!?)

2019年5月5日日曜日

TOPIXと騰落レシオ 20190426

もう令和に入って5日目なんですけどね(^^ゞ ちょっとトレステのリハビリを兼ねて。

定期観測中のTOPIXと騰落レシオ(4月26日:平成最後の取引日)


騰落レシオの数値としては、特に言及するようなことはない。もう少し動いて欲しい(笑)

2019年5月3日金曜日

10連休はトレステ三昧?

10連休が始まる前には、休場により日々の株価の動きに惑わされることなく、トレステをがっつり触ろうと思っていた。

ところがあっという間に6日が経過し、この投稿を書いている現在は5月3日(金)午前。残すは4日になってしまった。

幼少の頃より私は、長期休みに予定を立ててもほとんど計画を達成したことがない。トレステ計画が未達なのは当たり前、平常運転です(^^ゞ

だって、今は新緑の季節。じっと部屋にこもりPCと向き合うのは、新時代の幕開けにふさわしくないでしょう?

「PCを捨てよ、町(森)に出よう」です。

前回の昭和→平成の御代代わりの時と異なり、町は祝賀ムードに満ちている。繁華街や行楽地は多くの人であふれ、みな生き生きと新時代の幕開けを楽しんでいる。誰ですか、こんなときにスマホ片手に海外株式市場、外為市場を気にしているのは?(笑)

将来、令和時代が終わる日が来る。その時に自分は令和の始まりに何をしていたかを振り返る。

10日間毎日トレステ三昧でした、というのも悪くはない。しかし、令和が終わった時にトレステのサービスが終了していたらどうすんねん!(またしつこくトレステ危機を煽る(冗談ですよ。ふふふ))

ということで、トレステを触らずに休む時にはしっかり休む。相場を忘れて頭と身体をリフレッシュするのがよろしい。

以上、まとまりのない、内容のない投稿失礼しました。

皆様、連休後半戦を思う存分に楽しんで下さい。